ニキビ 治す

ニキビを治す方法

yukaさん 女性 20代 脂性肌 敏感肌

私は10代の頃からニキビに悩まされてきました。

 

思春期で一番多感な時期にニキビが出来るというのは結構つらかったです。
外を歩くのにも自分の顔に自信が持てなかったですし、友達や恋人が出来ませんでした。こんなニキビ面では友達や男の子が寄ってくるはずもありません。

 

そこで、私は何とか変わりたいと思いにきびを治そうと決心しました
。にきびを治すといっても、特別なことはしませんでした。とにかく、食生活から洗顔方法まで見直しました。

 

まず、食生活ではチョコレートをあまり食べないようにしました。家族がたまに買ってくるのですが、それは家族が好きで買ってくるものなのでやめてとは言いませんでした。
母はいつも健康的な食事を作ってくれるので、とてもありがたかったです。

 

魚や野菜中心の食事がほとんどで、凄く肌に良くニキビができにくいと思います。また、水分補給もたくさんするようにしました。
水を飲んで肌を潤してあげることで、ニキビができにくくなるのではと考えたからです。

 

洗顔方法では、ニキビケアに興味のなかった時はただ水道水で洗うだけでした。
ですが水道水で洗っただけでは肌の汚れを完全に取り除けないと聞いたことがあったので、それ以降はきちんと石けんやハンドソープで洗うようにしました。
すると、やはり指で触ってみてもニキビのでこぼこが分からなくなったので嬉しかったです。私は今も毎朝きちんと洗顔をしています。

 

ニキビを治すのは自分の努力次第なんだと思いました。

 

ニキビを治すには

Mさん 男性 20代 学生 乾燥肌

初めてニキビができたのは小学6年生の頃、ちょうど中学受験の勉強に追われている頃でした。
夜遅くまで塾に通い、高カロリーの夜食をとるなどニキビができてあたりまえの生活をしていました。

 

しかし、特に対処という対処はせず、受験勉強が終われば何てことはないだろうと考えていました。
実際、中学入学から高校にかけてはさほどひどい状態にもならず、たかをくくっていたのですが、大学受験に際し、生活リズムの崩れやストレスの蓄積からまたニキビの数が増えてきました。
受験が終わり大学入学後、生活習慣が健康的な状態に戻ってもニキビは減らず、洗顔料や市販のニキビ治療薬を使ってもよくなりませんでした。

 

困り果ててニキビ皮膚科を受診したところ、医師に「それは年齢が若いから仕方ないんだよ」と言われつつも、ディフェリン・ゲル0.1%とDalacinT Gel の二つの塗り薬を処方されました。
塗って2週間程度は効き目があるのかあやしく、この塗り薬が痒みを伴うため、何度か嫌になりましたがニキビを治すために塗り続け、一か月ほど経ったころ、ニキビはすっかり目立たなくなりました。

 

その後、生活習慣が乱れるとニキビは再発しましたが、食生活を含めた健康的な生活とこの塗り薬を使用することで、今はほとんどニキビの悩みはなくなっています。

 

ニキビでお悩みでしたら是非、皮膚科に一度相談してみてください。

 

ニキビ克服方法

匿名 女性 30代 アルバイト 敏感肌

ニキビの原因は人それぞれだと思います。

 

10代の頃はおでこや頬、顔全体にニキビが出てました。この時期はニキビがあっても当然なのであまり気にせず、思春期のニキビケア用化粧品を使用してました。

 

20代前半は大学生、一人暮らしという自由な生活でしたのでそれほどニキビには悩んでいませんでした。

 

20代後半から仕事も忙しく、あごから首にかけてニキビが多発しました。いわゆるアダルトニキビです。

 

ニキビに効くと言われるいろいろな化粧品を使いましたが、あまり効果はなく、最終的にアダルトニキビには洗わない方法が良いと言われてましたので、試してみました。
全くニキビは減らず、むしろ増えてきているようでした。

 

精神的なことも大きかったかもしれませんが、私の場合は、きめ細かく泡立てたふわふわの泡で優しく洗い、清潔に保つことが一番効果がありました。

 

あと冬場はかさつくのでオススメ出来ませんが、ミョウバン水は、効果絶大でした。お風呂にミョウバンをスプーン一杯ほど入れても良いですし、洗顔後、化粧水の前にミョウバン水を気になる所にスプレーするだけで、日に日にニキビがぽろぽろと瘡蓋になり、赤いニキビは赤みが引き、すぐに治っていきました。

 

騙されたと思って試してみて下さい。

 

胸にニキビができたとき

また、胸元などにニキビができることもよくあります。
顔以外にもニキビはできるので、それに応じた対処をしなくてはなりません。

 

胸のニキビを治すにはクリスタルモーションというジェルがおすすめです。
いつでも手軽に塗るだけで胸ニキビを治すことができるので、とても便利で使いやすいです。

 

専用のジェルを買うまではしたくないという方にはノンエーという薬用石鹸が良いかもしれません。
ノンエーはニキビ専用の石鹸ですが、顔や身体、好きなところに使うことができます。
背中や、顔など、どこでも使用できるので、わざわざその部位専用のニキビケアを買う必要がなくなります。

 

それでも、ニキビを治す一番の方法は日頃の生活習慣が一番大切だと言い切れます。
毎日規則正しい生活をして、栄養バランスの摂れた食事を摂るだけで、ニキビの発生は随分と抑えることができます。

 

皮脂をしっかりと落としてくれるニキビ用洗顔料

はるか 女 20代 会社員 混合肌

飲み会が続いて脂っこい食事ばかりしていたためか、おでこの辺りを中心に顔全体にニキビが出来てしまいました。
私のニキビを気にしてくれた同僚が、ニキビ用洗顔料に変えた方がいいとアドバイスをくれたので、同僚が勧めてくれたものを使用してみることにしました。

 

今まで洗顔料は特にこれといったこだわりがなく、比較的安価な商品を利用してきました。それもいけなかったのかもしれません。
洗顔料は一番最初に肌に触れるものなので、化粧水や乳液と同じ様に成分などをこだわって選ばなければならなかったのです。

 

今回利用することになったニキビ用洗顔料は、ニキビを増長する原因とも言われる余分な皮脂をしっかりと取り除いてくれるものです。
通常の場合はこのニキビ用洗顔料では皮脂を落とし過ぎになるかもしれませんが、現在のニキビだらけの肌にはこの洗顔料がちょうど私には合いました。

 

このニキビ用洗顔料はだた皮脂を落とすだけでなく、肌に優しい成分が多く含まれているので、ニキビで弱ってしまった肌をさらに傷つけることなく、肌を整えてくれるのも良かったです。

 

今回ニキビが酷くなって思ったことは、洗顔料一つにしても肌の状態で使い分けることが大切なんだと思いました。
今まで適当に選んでいましたが、大人ニキビ用洗顔料との出会いをきっかけにきちんと洗顔料もこだわったものを使いたいと思いました。