初めてのけいれん発作

初めてのけいれん発作

去年の暮れから今年に入ってもう3回も110番通報をしました。どれも要請の必要があったものでした。
そして、最近息子が風邪をこじらせ熱を出しました。様子を見たあと眠ってくれたので安心していました。

 

しかし、夜中に泣き叫び直後にけいれんが見られ身体は強張り、呼吸も上手くできず、唇が紫色になっていました。初めてけいれんを見たのですごく焦りました。
しかし、旦那も一緒にいたこともあり不安はありましたが1人ではない安心感もありました。
息子の状態が落ち着いたあと直ぐに救急車を要請しました。

 

電話を掛けると5分後くらいにはサイレンの音が聞こえてきたので安心しました。
病院に着いて直ぐに診察に当たって頂くことができ、状態はすでに落ち着いていたので薬を処方して頂き帰ることができました。
朝の5時半の出来事で、身なりを整えることなく出てきたので帰りの満員電車は少し恥ずかしかったです。

 

帰宅後、徐々に調子が戻ってきた息子はいつも通り元気に声を出し、お菓子を食べ、おもちゃで遊んでいました。
まだ油断はできないけれど安心してその後のお昼寝は一緒に4時間半もしてしまいました。
共にお疲れ様でした。

 

熱性けいれんとは1才から2才の子供に多く、家族性もあるようで親に聞いてみるとやはり母親と私も既往歴がありました。この出来事について、同じく赤ちゃんがいる姉は友人にも教えたいと思います。